MENU

湿気対策 床下換気・床下調湿剤 株式会社コダマ 香川県高松市

湿気対策 床下換気・床下調湿剤

床下換気

冷暖房の充実で快適だからといって安心していませんか?床下は四季を問わず、湿気の多い環境なのです。

近年は断熱材の使用や冷暖房施設の充実、また床下においては低い布基礎とせまい通気孔のため、床下に結露が発生したり、湿気が溜まりやすくなり、ダニ、力ビ、白蟻等の害虫が発生しやすい条件になっています。

機能性を追求した現代住宅の大半は、床下換気が不十分なために床下の湿度が外気よりも高くなっています。
床下部分にコンクリートを流し込む、ビニールシートを敷くなどの対策では、地面からの湿気には対応できても屋外からの湿気は防ぐことができず、どうしても結露が発生してしまいます。

床下の湿気による悪影響

原因
  • 冷暖房による結露の発生
  • 地盤からの放湿
  • 雨など外部からの侵入等
床下に大量の湿気が停滞
悪影響が発生
畳・床材に侵入し。押し入れ、床部のジメジメが発生し、ダニ・カビの温床に。
アレルギーや喘息など、人体への影響が発生
床材、土台材への含水率が上昇。腐朽菌が発生し、シロアリの発生、土台材・床材の腐朽を促進。
家屋の耐久度が低下し、損壊に発展。

床下換気の効果

床下換気は住まいの大敵、床下の湿気を取り除き、大切な家屋の「寿命」を延ばします。
また室内を清潔に保ち、害虫や力ビの発生を抑えて、快適で「健康的」な生活を促進する効果があります。

床下換気概要

床下換気システムの意義

わが国の木造建築は、建令数百年から法隆寺など建令千年以上に及ぶ優れた建築物が実在しています。
これは木材の本質生かし、寿命を大幅に延長させる使用環境が良かったからです。
しかし現在では、住まいの強度面にだけ力を入れ、箱式建築により床下は低くなり、布基礎で縦横に基礎を設けるようになったため、風水害に対する防御性や耐震性は向上していますが、床下の通気性は大幅に低下し、湿気が溜まりやすいため、建令10年以上(早い所では5年)経過すると、腐朽菌や白蟻、害虫等が発生しやすくなり、発生すると構造材の劣化が急速化し、多額の修理費を要したり、高価な住まいが短命化してしまいます。
床下換気システムは、本来の耐久性を生かしたまま建物の寿命を延ばし、また快適な住まいを守る手段として大変お役に立てる製品です。

  • 家屋の寿命を延ばします
  • すみずみまで快適になります
  • カビ・シミの発生を防ぎます
  • ダニの発生を抑えます
  • 結露や害虫の発生を抑えます
  • 床下強制換気システム
    キャッチファン床下強制換気システム キャッチファン
  • 全方向撹拌送風システム
    クロスシューター全方向撹拌送風システム クロスシューター
  • 床下撹拌・廃棄ダブルシステム
    ダブルシューター床下撹拌・廃棄ダブルシステム ダブルシューター

床下換気と調湿剤を併用すると、さらに効果的です。

床下調湿剤 竹炭王 床下調湿剤、床下換気扇併用
床下調湿剤 竹炭王